『焼とん じん家』の「おまかせ5本串」

『Q'S MALL』に『阿倍野ハルカス』。再開発で天王寺・阿倍野地域は若者の街にリニューアルされています。その反面、風情が失われていて、おっさんの飲み屋街としての行き場も徐々に無くなってきています。
移転したうなぎよりもおはぎ(特にこはぎ)が有名な『双葉』やロールキャベツが絶品な『グリルマルヨシ』も、以前の方が趣きがあってよかったです。味は変わらないんでしょうが、店の雰囲気が加味されていたのか、以前ほど感動がしなくなったのが本音です。
そんな様変わりした阿倍野で2018年の年末頃仕事がありました。
仕事終わりに同僚と二人でコンビニで第三のビールでねぎらい祝杯をしていたのですが、二人とも調子に乗り、どこか店に行って本腰を入れて飲もうということになりました。
そこで少し前まではなかったのにある日突然看板が出ていた焼きとん屋のことを思い出し、ぜひそこに行ってみようと提案しました。
その店の名は『焼とん じん家』。
阿倍野の交差点を東(杭全・美章園方面)に約100m、『らーめんピリカ』の店の前の路地を入った奥にその店はあります。画像

以前は焼きとんは関西ではあまり知られていないものでした。今でこそ関西にも焼きとん屋が浸透して、関西でも数店あるチェーン店の『たゆたゆ』や裏ナンバにある立ち飲み感覚の焼きとん店『大阪焼トンセンター』や、お初天神にある『ぶった』などわりと大衆的にリーズナブルに呑める店が増えてきました。
でも関西人の中には焼きとん未体験の人がたくさんいます。かくゆう、一緒に行った同僚も焼きとんは初体験でした。
そんな人には大衆的なとこよりも、オシャレで美味しい店から入ってもらいたい。さらにデートの際にちょっとした話題づくりのお手伝いにもなる。そんなシチュエーションにうってつけのお店がココなんです。

木造建ての古民家を改装した店は、入る前から趣きがあり、穴場的な予感をさせてくれます。
店内は立ち飲みスペースと、テーブル3つほど、あとは二階の個室があります。
同僚と入って、まずは一階のテーブル席に座り生ビールをオーダーしてメニューをみます。メニューがコルクづくりで、表紙に焼きごてで店名を入れているおしゃなもので、壁を見るといろいろな地酒のメニューもちりばめられていて、こりゃあ食べる前から雰囲気で美味さを確信させられます。画像
メニューにある「おまかせ5本串」ともう一品(ごめんなさい、名前忘れました)をオーダーして、ワクワクしながら待ちました。すると、まず藁か小竹なのか敷き詰めた小さな切り株を持ってきました。で、焼きあがった焼きとんをそこにおいてくれるんです。なんて風情あるんでしょう。
焼きとん自体も豊かな自然に育まれた鹿児島県産の豚肉を丁寧に調理しているため、かなり洗練されています。
小皿にも端に豚のキャラがほどこされていて、小さなこころ配りも万全です。
決して安価ではないです。でも、目が飛び出るほど高くもない。雰囲気と居心地、さらに味。そう考えると意外とリーズナブルなお店なのかもしれません。
あっ、ここぞの場面での鉄板的隠れ家店なので、押さえておいて損はないと思います。画像



Shop Data
『焼とん じん家』
大阪市阿倍野区阿倍野筋3-8-36
TEL : 06-6621-8778
FAX :
営業時間 : 18:00~00:00 (L.O.23:00)
定休日 : 火曜日
サイト : https://www.instagram.com/shigeoniike/


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

訪れた飲食店をレビューしているサイト
Hot pepper
https://www.hotpepper.jp/gourmetnotes/om0000080307/
食べログ
https://tabelog.com/rvwr/chmania7/

自分へのご褒美に美味しいモノを…をコンセプトにしたコラムを書いているブログ
自分へのおつかいもの…
https://cult.at.webry.info/
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック