『香辛薬麺』の「担坦(ノーマル)+温玉」

18年の10月末くらいに会社近くで同僚と飲んだ帰り道。いつものように足早に歩いているとちょっと前までなかった看板が目に入りました。画像
ん? ミシュラン受賞店がプロデュースしたお店。しかも辛党のボクの琴線に触れるメニュー。
環状線の福島駅周辺は『ラーメン人生JET』『ムタヒロ』『みつ星製麺所』『サバ6製麺所』などなど意外とラーメン激戦区なのであります。その激戦区で勝負をかけたお店。これはもう酔っていても食べるしかないでしょ(笑)
呼び込み看板をじっくり見た後に店の前にいくと、オープン仕立てなのか店の前に呼び込みの店員さんがいました。
入り口付近に券売機があり、初めてなのでとりあえず「担坦(ノーマル)+温玉」を辛さ+1で食べてみることにしました。「担坦(ノーマル)+温玉」のセットにはラストに残った汁に入れるひとくちご飯の「ダイブめし」(通常60円)が無料で付いてきます。画像
店内はカウンターだけの7席で、壁にはいろんな人や店の開店祝いが張ってありました。EXILEのMAKIDAIのもあったりしました。
テーブルの上には「羅臼真昆布酢」「辣粉酢」「オレンジ酢」「ブラックペッパー」が置いてあり、オススメの食べ方も貼ってあります。
「担坦(ノーマル)」は他店の汁なし担々?よりも具沢山で食べ応え十分です。神戸ポークの肉味噌、インド産カシューナッツのロースト、フライドオニオン、淡路島産の玉ねぎ、レモン、柴漬け、水菜、そして決め手の辛味パウダー。
ラー油だけでも20種類以上のタレ、スープ、油、スパイスをミックスさせて作ってあるそうで、かなり深い味わいがあります。画像
辛さも花椒独特のツンとくる味わいも+1でもかなり感じられました。初来店以来4か月あまりの間に、辛い物好きの同僚2人(別の日に1人ずつ)と足を運んだり、1人で立ち寄ったりと月1回くらいのペースで来店しするくらい、かなり気に入ってます。
2回目以降は辛さ+5にしていますが、辛味パウダーを1杯かけるか5杯掛けるかの違いくらいで+1も+5もそんなに辛さの違いが極端には出ませんから、辛い物好きな方は+5も一度食べてみてください。
最後に出てくる「ダイブめし」は本当にひとくちだけで、上に魚粉が少しかかっています。画像




Shop Data
『スパイス担担麺専門店 香辛薬麺』
大阪市福島区福島5-5-9
TEL : 06-6454-1009
FAX :
営業時間 : 11:30~14:30 18:00~22:00
定休日 : ナシ
サイト : インスタグラム @koushinyakumen



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

訪れた飲食店をレビューしているサイト
Hot pepper
http://www.hotpepper.jp/gourmetnotes/om0000080307/
食べログ
http://tabelog.com/rvwr/cult/

自分へのご褒美に美味しいモノを…をコンセプトにしたコラムを書いているブログ
自分へのおつかいもの…
http://cult.at.webry.info/
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック