『ゆうぜん』の「無添加手造り牛生ハンバーグ」

画像
子供が大好きな食べ物で上位を占めるのはカレーにオムライス、そしてハンバーグである。
それだけ人気がある料理のハンバーグ。
料理屋で食べると美味しいモノに出会えることが度々あるのだが、家で手軽に調理すると本当に美味しいモノに出会える機会はそうそうないものだ。
パン粉を牛乳に浸して、玉葱飴色に炒めて、肉こねて…と手作りのハンバーグは手が込んでいるにも関わらずパサパサとしたモノになってしまったりすることが多くなりがちである。
通販サイトの高級肉を使ったハンバーグはいろいろとある。
いい肉を使ったハンバーグは確かに美味しい。だが、いい肉過ぎて肉汁と肉の食感のバランスがイマイチだったり、また価格とのギャップに期待以上の感動が味わえなかったりと「おおっ!!」っとココロ揺さぶられるまでの衝撃は受けないのである。

画像そのため恥ずかしながら、通販の生ハンバーグを今日までバカにしていた。やっぱりレトルトや、焼くだけで手軽に作れる生ハンバーグは期待以上のモノはないな…と。
しかしその考えを改めさせられるハンバーグを知ってしまった。
それは、ある日知り合いから聞いた『ゆうぜん』という店のハンバーグである。
『ゆうぜん』は、特級醤油や純正コショウなどを使用し、食材本来の味を活かした冷凍食品を作っているメーカーで、化学調味料や保存料などの添加物一切を排除して、「より体に優しいもの」「より美味しいもの」を、おなかいっぱい食べて頂きたい思いで無添加の商品作りしている会社だそうだ。
楽天でNo1の人気を誇るこの「手造り牛生ハンバーグ」はただ美味しいだけじゃなく、身体にも優しい、そして価格が手ごろなのが最大の魅力なのである。
牛肉は豪州・国産のミックスを使用しているのだが、オーストラリア産の臭さがあまり感じられず、肉汁も見事にたっぷりと出ている。
作り方も簡単で、冷凍していた生ハンバーグを半解凍して、油を引かないフライパンで中火で裏表に焦げ目をつけ、その後は弱火でじっくり火を通すだけで、お店並みの美味しいハンバーグが出来上がってしまうのである。

ソースをかけずにそのまま食べても美味しく、ステーキに合う地ソースの吉田ソースをちょっとかけたり、大根おろしと旭ポン酢をかけてさっぱりと食べたりと、大根おろしとシークワーサー塩ポンをかけたりと、どう食べても満足度◎

関西人なのに今まで知らずにいたことに少し後悔するくらい、いい商品である。

Shop Data
『大阪の味 ゆうぜん』(株式会社 明和食品)
大阪府大阪狭山市東野中5丁目472-1
tel : 072-366-4787
fax : 072-366-0257
通販サイト
http://www.rakuten.co.jp/yuuzen/

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
日常の出来事や手作りお昼ごはんや晩ごはんなどを綴っているブログ
mixi
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=132835

訪れた飲食店をレビューしているサイト
Hot pepper
http://www.hotpepper.jp/diary/VW020011.jsp?OM=0000080307
ぐるなび
http://kuchikomi.gnavi.co.jp/profile/2082036818/
食べログ
http://u.tabelog.com/cult/

自分へのご褒美に美味しいモノを…をコンセプトにしたコラムを書いているブログ
自分へのおつかいもの…
http://cult.at.webry.info/
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック